保険相談をするコツ│インフレリスクにも注目しよう

時代の変化と共に保険事情も変化見直しは完璧に

保険選びの前に

生活を営んでいく上で、発生する様々な問題に対する補償を行ってくれる保険。そんな保険を上手に選ぶ事によって、問題をよりスムーズに解消していくことが出来るようになっているのです。

 Read More

重要なこと

節税に関することで悩んでいる場合には保険がどんな場合に適用されるのかを知り、節税対策をしっかり立てておく必要があります。その対策方法はどのようなものがあるのかを紹介するので、しっかり確認しておきましょう。

 Read More

何度も利用する

保険相談を利用するときには、どんな方法であっても何度か利用することが大切です。そうすることによって、今まではわからなかったこともわかるようになるので、非常に勉強になることがたくさんあります。

 Read More

相談することで解決

持病を持っている人は保険に入れないということがありますが、その場合にはどうしたら良いのか方法を紹介します。また一人でこのような問題に悩むのではなく、相談することによって解決できる場合があります。

 Read More

資金を生み出すために

持病で保険は無理と思っていた方!こちらの保険ならお申込みいただけます。まずはお申込みの内容をチェックしてみましょう。

その補償内容で家族を守ることはできますか?保険見直しを栃木で行ってみましょう。保険に詳しいプロが適した保険を紹介します。

少子化の影響で物価上昇とともに学費も上がる

子どもが産まれたら養育費や教育費を準備しなければなりませんが、その一方で今の日本は少子化がますます進んでいます。そうなると極端な話、学費が一人100万円であったとします。毎年100人入学するので学費での売り上げは、1億円となります。少子化により子供が50人しか入学してこなくなったら、以前と同じ1億円の売り上げを保っていくには学費を倍にするしかないということになります。いきなり倍にはなりませんが、年々少しずつ上がってくるのです。それだけでなく、一人っ子の家庭が多いのでこども一人当たりにかけるお金も増えてきます。そのため、教育資金や養育費を準備する場合はインフレリスクも頭に入れて考える必要があります。

保険相談で学費を準備する

教育資金を準備するとなると、教育資金イコール学資保険と考えている方が多いです。保険相談をするとあまり理解していないのが総額でいくら支払うのかと総額でいくら受け取れるのかです。学資保険は積立式の保険です。確かに毎月少額の積立でも18年間積立てますので気付いたときには大きい金額になっているのですが、それにプラス金利がついてとしても超低金利の時代です。それであれば他の金融商品で運用したほうが利回りがいいのです。また保険相談をすると長期間の積立です。もしその間に保険会社が破たんしてしまえば、払い込みした保険料よりも辺戻額の方が少ないこともあるのです。そのため保険相談をするときは保険以外にも他の金融商品を選択するなど理解したうえで保険相談することです。

Copyright (c) 2015 保険相談をするコツ│インフレリスクにも注目しよう all reserved.