保険相談をするコツ│インフレリスクにも注目しよう

時代の変化と共に保険事情も変化見直しは完璧に

重要なこと

節税対策の一つの保険加入

企業にとって節税対策は非常に重要です。節税対策を行わない企業はいないでしょう。企業が利益を通期であげた場合は、法人税という国税が課せられます。利益にもよりますが、法人税をそのまま課税されるとかなりの打撃を受ける場合もあります。 そういった事を避ける方法として、節税対策が行われています。これは、脱税と勘違いする人もいますが、合法的な税金対策ですので安心です。節税対策には、備品購入や人件費のアップ等様々な方法がありますが、それでも利益が余ってしまう場合は、保険が利用されます。保険といっても医療保険等の個人が加入するようなものではなく、企業ならではの保険です。例えば年金積立タイプや退職金積立タイプ、それらを複合的に併せた保険等です。

上手に利用して法人税を下げる

法人税をそのまま利益に課税されると企業は翌年度の投資を行うことができません。節税対策として、翌年度以降に必要となる機器類等の購入や社員のマインドをあげるための人件費アップはどこの企業も行っています。しかし、一方では社長や役員のために保険加入も非常に多く行われています。機器購入等は投資で、資金が返ってくることはありませんが、保険加入の場合は、資金が戻ってきます。節税対策としては非常に効果が高いものとされています。節税もできるし、掛け捨てではなく、一定期間を過ぎるといくらかの資金が手元に戻ってきます。昔はこういった方法があまり取られていませんでしたが、現代では非常にメジャーな節税対策として多くの企業が利用しています。

Copyright (c) 2015 保険相談をするコツ│インフレリスクにも注目しよう all reserved.